2010年10月アーカイブ

半年点検に出した時、「来年の車検までにはタイヤ交換が必要みたいですね~」とディーラの方に言われました。ま、4年経ちましたからね。そろそろタイヤは寿命でしょう。

その時の事を思い出すと、タイヤの溝に付いては言われましたが、側面のヒビの事やタイヤの寿命には全く触れられませんでした。

個人的にはタイヤの寿命やヒビってかなり気に成るのですけど。

ま、タイヤは生命線なので、早めに交換するに越した事は無いですね。「溝が十分だから何年乗っても大丈夫!」みたいな感覚だけは捨てた方が良い気がします。

バーストして後悔しても遅いですからね。高速道路でバーストしたら後悔する時間も残って無いかも・・・・・

交通量が割と多い片側一車線の道路での事です。この場所は、右折車が続くと頻繁に渋滞します。右折車が2・3台なら、直進したい車は左側を徐行して通過します。

 

昨日、この交差点で右折待ちをしていた時の事です。直進したい車が私の横を徐行している際、誰が発したか分りませんが、「あ!」だか「わぁ!」だかの、聞き取りにくい叫び声が聞こえ、私の横を徐行していた車は停まりました。

運転席からキョロキョロしていると、横断歩道に50代ぐらいの男性が倒れ、上半身だけ起きた状態で1台の車の運転席の方向を睨んでいます。

私には、反対車線の右折待ちの車が飛び出してきて、歩行者をはねた状況だと感じました。

少々前のニュースですが・・・・


「チャイルドシート着用率56.8%、義務付以降で過去最高に」(2010年6月9日)

という記事を見付けました。1歳未満は80%ほどの着用率の様ですが、年齢が上がるにつれて着用率は下がるようです。

この着用率は低いと思います。でも、これでも以前より改善したのなら良い傾向なのかも知れませんね。


また、都道府県によってチャイルドシートの着用率に大きな開きがあるようです。

バブルの頃。セナが健在だった頃。ちょっとしたF1ブームでしたよね。もう知らない世代が多いと思いますが・・・


ブームは去り。F1のテレビ放送を全戦見ている人は少ないだろうし、フォーミュラニッポンやSUPER GTなどをレース場に見に行く人も少ない。レース場の近くに住んでる人なんて少ないですしね。ちょっとぐらい興味が有っても行かないですよね~

SUPER GTは企業が力を入れて集客をしている様だし、レースクイーンが沢山来るので、そっち目当ての方??も多く、動員数は割と多めですが、フォーミュラニッポンは集客弱いです。

ま、観客が少ないお陰で、絶好のポジションで観戦できるという利点も有りますが、ちょっと淋しいかなw

先日、隣の県の山間部を走行中。私の車の2台前のトラックが、軽自動車を弾き飛ばしました。軽自動車は恐らく右折待ちをしていた様です。

「恐らく右折待ち」というのは、ちょうどカーブだったので、事故の瞬間が見えなかったからです。

 

差ほどスピードは出て無かった筈です。それにトラックも頑張ってハンドルを切ったようで、真正面から突っ込んだ感じでも無い。軽自動車に乗っていた方々は見た目には怪我は有りませんでした。

でも、その軽自動車の前輪は曲がり、ボンネットもグシャリ。オイルや水も漏れてる。

京都府での話です。交番前の歩道に停めていたパトカーが道交法違反(放置駐車禁止)で反則切符を切られたそうです。

記事のタイトルを見た時。「駐車禁止の取り締まりをする民間の作業員さんも遣るもんだな!」と思いましたが、住民の110番で違法駐車が発覚。切符を切られる事に成ったそうです。

 

道路交通法は緊急車両も必要不可欠な業務意外は、一般の車両と同じ扱いだと思うので、当り前と言えば当たり前。でも、切符を切られたと言う話は初めて聞きました。

市民の目は年々厳しくなっているので「俺達はOKでしょう!」って考えは禁物ですよ~

自動車用品販売

スポンサード リンク

愛車 無料査定



愛車 無料査定のメリット

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。